2020年03月06日

カール

明治のじゃなくて、LinuxとかのcURLコマンド。

午前中、CentOS7のcurlのバージョンがyum updateで上がらなくてなんでじゃろーと四苦八苦してた。

ふと、
whereis curl
ってやったら
curl: /usr/bin/curl /usr/local/bin/curl /usr/share/man/man1/curl.1.gz
と言われた。何故2ついる。いつ間違えてインストールしちゃったんだろう。
とりあえずPath通して暫定解決。
posted by しかぽん at 15:54| 仕事・コンピューター・ソフトウェア

少し高めのキーボード

良いキーボードが欲しい欲しいとは前々から思っていたんだけど、万円単位するようなキーボード、例えば東レのRealForceとかダイアテックのMajestouchとか、打ちごこちは良いもののキーストロークが長すぎて自分には合わなかった。足も短いが指も短いのさ。

なのでThinkPadの外付けTrackPoint付きキーボードを使って来たんだけど、スペースキーの調子が悪くなったのでその辺に転がってたElecomの1000円キーボード(税別780円くらいだったような)を代わりに使ってた。しかしあまりのキーのひっかかりにムキーっとなりつつありまして。まだ使い始めて一か月も経たないのに印字薄くなってきてるし。

そんな折、Cherryの赤軸でストロークの短いバージョンが出てると言うじゃありませんか。速攻ポチりました。

200306-IMG_4138.jpg

ダイアテックのMajestouch Stingray 【LowProfile赤軸】テンキーレス・日本語かなあり。尼で11,559円。

薄い。
キーストローク3.2mm、アクチュエ―ションポイント1.2mm。RealForceだとストローク4mm、アクチュエ―ションポイントは標準2.2mm・最短で1.5mmなのでだいぶ短い。でもキーはそこそこ重めなので、特に誤爆もしない。荷重45gって事になってるけど、もう少しあるんじゃないかな。

200306-IMG_4140.jpg

キートップの印字は見た目ちょっと劣るかなあ。シールよりは全然マシだけど、耐久性あるかは不明。

まだ半日しか使ってないが、スコスコタイプできていい感じ。引っかからないので入力速度爆上がりなのに誤入力激減した。静音ではないけど高周波成分抑えられててそんなに煩くもない。

てか職業プログラマーが1000円キーボード使ってんじゃねえよ、という話だけども。

posted by しかぽん at 11:41| 仕事・コンピューター・ソフトウェア