2017年07月14日

極めて残忍な事案

2人の死刑執行、金田法相「極めて残忍な事案」

残忍かどうかなんて、法相に決める権限は無い。それは司法の役割だ。現政府は行政の範囲を分かっていない奴が多い。総務相とか防衛相とか。

そもそも法相が死刑執行指示を出すのがおかしい。再審請求を時間稼ぎと決める権利も法相にはない。こういう事を法相が言ってしまえる制度の設計が悪いのは明らかだろう。戦後4件も死刑判決に再審無罪があったのは事実なのだから、立法府が考えるべきは再審請求が時間稼ぎかどうかではなく制度の再構築だ。死刑を存続するか撤廃するかに関わらず。

個人的には死刑に反対ではないが、誤認逮捕や誤審が極めて多い現状では運用は慎重であるべきだし、ましてや執行が属人的ではいけないと思う。ちゃんと執行期限と、その間の再審請求の権利を明記すべきだろう。期限は現行犯かどうか・状況証拠のみなのか、等の状況で増減させる。犯罪被害者には納得しにくいだろうが、誤審で関係ない人を死刑にして、真犯人がのうのうと生きてるのも本意ではあるまい。

要するに自民党は(以下自粛)。

posted by しかぽん at 14:53| その他