2010年10月19日

iPadの

充電がMacBookではできない。最新のMacでないとダメらしい。

10W出力できるUSB端子が必要なんだそうだ。通常は5W。
開発中は結構なスピードで電池残量が減るので、付属のACアダプターとMacとの間でUSBをとっかえひっかえする事になるが、その度にiTunesの同期がかかったりして鬱陶しい事この上ない。

5WのUSB端子でも、遅くても良いから充電できるようにしとくべきだろう、どう見ても仕様のミスだ。これだからAppleは嫌いだ。iOSの各種のくだらない制限もムカツクし。

早くAndroidの仕事はじまらないかな。早いところiPadを駆逐して欲しい。まあGoogleはGoogleで大嫌いな会社だが、Appleよりはマシ。

とりあえず10W出力できるUSBハブ、どこか売り出してください、お願いします。この調子じゃ早晩iPadのコネクタか、ワタシのココロのどちらかが壊れます。
【仕事・コンピューター・ソフトウェアの最新記事】
posted by しかぽん at 09:45| 仕事・コンピューター・ソフトウェア