2011年03月31日

寄付ミク

ねんどいろの初音ミク 応援ver. を注文した。



代金3,000円のうち1,000円が日本赤十字に寄付される。
とりあえず、ワタシにはこんな類の事くらいしか出来ませんが。


そんなの買うくらいなら3,000円全額を寄付しろ、って言う人もいるかもしれない。

でもちょっと考えてみたりしよう。そもそも、オリジナルのノーマルミクが同じ3,000円なのだ。それに付属パーツ追加+送料無料、かつ1,000円を寄付。ねんどいろの限界利益率は知らないけど、商売的には良くてトントン、恐らくは売れれば売れるほど赤字になるのではないかと。

つまり被災者の皆さんは寄付が減って損、メーカーは利益が減って損、購入者は出費が増えて損。誰にもプラスにならないような感じとなる。しかしお金は流動する。ここが大切だ。人形の発注工賃のいくばくかが中国に流れるとしてもだ。お金は流通する際にレバレッジ効果が起きて流れる度に大きくなっていく、途中で誰かが溜め込まない限り。貯金されたらデフレが進むだけだ。ガンガン使ってもそれ以上のインカムがあれば良いのだ。使わなければインカムも減るのだ、当たり前じゃないのか。

3,000円全額が被災者に渡ったとしても、経済が今より更に沈下すれば再就職もできなくなるでしょ? 目先の援助はまず国が税金で行って、民間がすべきはこれ以上自粛なんてしないで盛大に金を使う事だ。経済が停滞してるのに復興なんて出来るかよ。

某都知事が花見の禁止令を出したらしいが、バカな事だ。戦時の連帯感が美しいって正気じゃない。あんな国に騙されて発生した偽りの連帯が美しい訳ないじゃないか。だれかゴルゴ呼んでこい。
だいたい節電目的だったら夜のボンボリや公園のライトアップを止めれば良いだけで、昼間に飲む分には問題なかろう。それで経済も回って結果的に東北のためになる。都民の懐も潤う。都内の酒屋は潰れろってか?



......ミク一体で偉そうだな、おれ。いやでも腹立つでしょ?



話がでっかく逸れた。そんな応援ミクの予約は4月7日まで。なんと受注分全生産。ねんどいろ史上初では。本当に生産できるのか。

http://goodsmile.ecq.sc/charity/gcp100.html


しかし、ねんどいろミクは既に2体、Figmaミクも2体あってFigma一つ以外は密封状態なのだが、この期に及んでまた増えるとは。でも折角だからコイツはどこかに飾るか。
【フィギュア・ドールの最新記事】
posted by しかぽん at 17:19| フィギュア・ドール