2012年05月30日

ここのアクセス元

今朝レンタルサーバーのファイル整理をしていたのだけど、そこで見つけた親サイト(jiru.com)のログ。何年も見てないなあ、と開いてみた。

どこにどれだけHitがあるかについては、限りなく放置に近いサイトなので大したこと無い。ほとんどはWikiPediaからリンクされちゃってる大久野島(ウサギ島)の古いページ。それよりも面白かったのはアクセス元の国。
日本と.com/.netは多くて当然なので除外すると、ここ一年間のトップは何故かウクライナだった。それも毎月コンスタントにダントツ、何故ウクライナ? あとはドイツ・ロシア・スウェーデンあたりがその10分の1くらい。その他は月によってまちまち。たまにシリアとかセイシェルとかイスラエルとかパラグアイとかからウサギの画像を持って行ってる。シリアでウサギとか不思議な感じだけど。

あと目に付くのは.mil。米軍からのアクセスが数ヶ月に一回くらいの頻度でガツンと来る。ページはわりと万遍なく。
これって諜報活動としてロボットが動いてるんだろうねきっと。こんな毒にも薬にもならないサイトまでチェックしてるんだから米軍怖。あ、もしかしてたまに銃器名称とか書いてるから? milコワ。

ちなみに.go.jpからのアクセス(npa.go.jpとか)は全くありません。日本政府の諜報はダメダメか。それともダミーのドメインで調査してるのかな?それはそれでバレたら国会あたりで問題になりそうな気もするけど、どうでもいいか。


###追記
ちょっと不自然なのでウクライナからのアクセスを少し詳しく調べてみた。どうやらコメントスパムのスキャンっぽい。これがウクライナやドイツのProxyを経由してやってきているようだ。コメント機能どこにも無いのでとりあえず被害は無いが。
ウクライナの人がウサギ好きって事じゃなかったのね。残念。
【仕事・コンピューター・ソフトウェアの最新記事】
posted by しかぽん at 08:07| 仕事・コンピューター・ソフトウェア