2013年01月12日

放課後のトラットリア

放課後のトラットリアはコミック・メテオというWebマンガサイトで連載しているタイトル。先日第1巻が発売になった。





良く分からない成り行きで異世界に放り込まれてしまった料理研究部の女子高生4人組。これまた新任領主に都合良く拾われて城で暮らす事に。地球とは異なる食材にもめげずに料理を工夫しつつ政治的な衝突にも首を突っ込むぜ! というお話? いやまだ全然話が進んでないのでその辺は分かりません。

料理モノというのはありふれすぎて腐ったジャンルですが、出回っているものの大半は偽グルメ系(青年誌にありがち)とか超能力料理人系(少年誌にありがち)で、どちらもワタシは大嫌いです。前者は料理の味が分かる人と分からない人みたいな区別が気分悪いし、後者はもう料理の必要どこにも無いじゃん、想定読者層になじみのない題材で誤魔化してるだけじゃん、と思う訳です。まれにまともなのもありますが、大抵売れてない。


この作品はどちらでもありません(登場人物の一人が長刀で巨石を一薙ぎして一瞬でカマドを作ってしまうあたりは超能力っぽいですが、たぶんこれはギャグ?もしかして伏線?)。異世界という割には展開も地味ですし、きっと商業的には余り売れないんじゃないかと思われるんですが。

でも真面目に題材を扱っていて良い感じです。料理が料理以上でも以下でもない。惜しむらくはキャラ立ちがもう一つなんですが。

続いて欲しい作品です。
【本・音楽・アニメ・映画の最新記事】
posted by しかぽん at 16:24| 本・音楽・アニメ・映画