2013年01月29日

SQLさーばー

10年くらい前に、とある客先に納入したシステムから内部的にアクセスしている、マイクロソフトのSQLServer2000がクラッシュした。

というかトランザクションログの自動バックアップ時にログのトランケーション(不要部分の削除)を行ってくれず、何時の間にやらログファイルが40ギガバイトとかになっていた。そのため起動はするものの延々Diskアクセスしてて稼働に入らないという状態。

とりあえず手動でトランケートしようとしたが受け付けてくれない。これはまいったなあ。リプレースしようにもWindows2000で稼働する上にSQLServerを始めとするあらゆるミドルウェアがとっくに生産中止になっているので、逃げようがない。ハードウェアを直接叩くので仮想環境にも移行できない。

これは詰んだ?
【仕事・コンピューター・ソフトウェアの最新記事】
posted by しかぽん at 15:41| 仕事・コンピューター・ソフトウェア