2014年02月19日

プレオの牽引フック

昨日プレオをスタックさせた。

自宅前の道路が吹き溜まりで塞がりかけていて、普通だったら突破を試みるなんて絶対しないが自宅前だしハマったらブルドーザーで引っ張り出せば済む事、と軽く考えて。で突っ込んだら案の定ハマった。あははは。

除雪したばかりでエンジンのまだ暖かいブルを持ってきてリアの牽引フックにワイヤーかけて引っ張ったら、あ〜ら不思議。車は動かずにリアバンパーがフックごと「メリメリッ」と豪快な音を立てて外れてしまった。 え〜

どうやらシャシーとの溶接が腐っていたらしいが、ちょっとヤワ過ぎないか>スバル。フロント側には今時の車らしく安全上の理由でフックが無いので、仕方なくブルで直接雪ごと押し出した。どうせバンパー壊れたし今更追加で凹んでも構わないよね、ってなもんで。

しかし、外れたバンパーは押し込んだら普通にくっついた。外れたようには見えないのは喜ぶべきなのかどうか。
【車・乗り物の最新記事】
posted by しかぽん at 09:25| 車・乗り物