2020年09月24日

USBハブ

が壊れた。USB3の4ポートバスパワーハブ、製品に一切刻印の無い怪しいブツ。
壊れ方が珍しかった。最初に気づいたのはiTunesで約5秒おきに音声が瞬断する。iTunesが愉快なのは良くある事なので、まずはWebでAmazonMusicを開いてみると、これまた瞬断する。変に重いプロセスも見当たらない。パソコン本体のヘッドホンジャックにヘッドホン繋いでみたら問題無く再生されたのでD/Aコンバーター周りがおかしいのは確定。
USB接続のD/Aコンバーターを再起動、コネクタチェック、パソコン本体を再起動、治らず。しかしよく見るとD/Aの接続インジケーターが、ほんとに気づかないくらいの一瞬だけ切断色になっていた。別のUSBポートに繋ぎ替えたら治ったのでハブの故障と判断、うっちゃり。

HDDなんかで瞬断したら速攻でマウント解除で再接続なんて何十秒もかかるのに、D/Aコンバーターは早いんだなあ。見た目で数フレームもなかった。同期転送してるはずだから、もっと復帰遅いと思い込んでてUSBの不良を疑わなかった。

今日の教訓:3桁円のハブとか買うなよ。

【仕事・コンピューター・ソフトウェアの最新記事】
posted by しかぽん at 23:21| 仕事・コンピューター・ソフトウェア