2020年11月09日

「スイッチングハブで、これだけ音の違いが出るのか驚きだ。」ほんと驚きだ。

世も末というか。

オーディオブランドが開発したスイッチングハブ「8Switch」でネットオーディオの音質改善!

物理層には、電気的なBit列をパケットのByte列に再構成するために必ずバッファーってもんがあるんだが。再送信を要求するほど劣化が酷くないかぎりジッターとか受信品質に関係ないんだが。
ジッターなんて気にするなら、それより何桁も大きいコリジョン検出時の遅れなんて音質グチャグチャになるはずじゃん?ならそもそもハブなんて使わずにサーバーと再生機を直結しなきゃダメじゃん?ハブなんて使えないって結論にならないの?

こういうの買う人って、騙されて大金使うのが楽しいんだろうなあ。まいどあり。

【仕事・コンピューター・ソフトウェアの最新記事】
posted by しかぽん at 14:39| 仕事・コンピューター・ソフトウェア