2021年11月20日

シクラメン

次男の中学卒業式で貰ったシクラメンの鉢植え、貰った時の小さな鉢のままで6年間放置していたがやたら元気だった。
本来暑いのにも寒いのにも弱い植物らしいのだが、芽室にいたころの3年間は南東向きの玄関におきっぱなし。夏はヘタな温室より暑く、冬は氷点下二桁。良く生きてたな、という酷い扱いだった我ながら。

そんな奴だったが、今年の春になって一度完全に枯れてしまった。さすがにもうダメかと思ったんだけど、調べてみたらシクラメンには休眠期というのがあるとか。球根のままで夏を越すらしい。
今までは休眠する必要も無いくらい元気だったのが、育ってきて鉢が小さくなり、ついに弱ってきたという事だろうか。ここまで来ると少し愛着も湧いてくる。秋になって休眠を解いてみて、再度発芽するようならもう少しちゃんと育ててやろうと思って完全に乾燥させて休眠状態を整えてやった。

秋、二回りくらい大きな鉢に移植してから施肥と水やりを開始。放置プレイの後の枯れ枯れ状態だったから発芽するかどうか怪しいところだったが、なんと芽が球根の二カ所くらいから出てきた。すげえ。どんだけ生命力あるんだ。

211120-IMG_4996.jpg

鉢を大きくしたので二重サッシの隙間には置けなくなった。なので室内、食洗機の棚の上に置き猫が上れないようにガード。日光は全く届かないので植物育成用のフルスペクトルのライトを設置。タイマーで毎日朝点灯・夕方消灯に設定した。

さてどうなるやら。復活なるか。

【生き物の最新記事】
posted by しかぽん at 17:54| 生き物