2022年01月15日

Kindle本の課金制限

今日クレジットカードの明細が届いた。

Amazonのkindle本の課金数百円がズラっと並んでいて合計が7万円ほどになっていて、こりゃさすがに使い過ぎだろうと反省。我ながらよくも読む時間あるなあ、若い頃の速読訓練がここで牙を剥いてくるとは、とかは置いといて。

とりあえず2万円くらいに課金制限してみる事にした。
もちろんAmazonにはそんな設定はない。登録クレジットカードの上限額を設定するのが早いが、それだと他の店で使うのが面倒。Kindle専用のクレジットカードを作るのも躊躇われるし。と、そう言えばWebMoneyのプリペイドカードを何年か前に作ってたのを思い出した。これなら入金しといた分しか使えないからいいよね。

早速WebMoneyのスマホアプリを取ってきた。残高2000円ちょっと入ってた。2万円ほどチャージしてKindleの支払い方法として登録して、試しにテキトーな安い小説を買ってみた。

「お支払い方法に問題があります」

決済できなかった。なんだってーっ!プリカだめなの〜?

いやもうチャージしちゃったよ。チャージした2万円は他の店で使うしか無いのかー、めんどくさいなあー、でも粘ってググってみると、WebMoneyでAmazonギフト券は買えるとな。

残高全額買えた。ほっと一安心。これをKindle決済方法に設定する。ただ、その場合バックアップのクレジットカードも指定しなければいけない。それじゃ課金制限にならないので、この使えなかったWebMoneyカードを指定した。これでギフト券額以上に購入できない。はっはっは完璧。バカがいる。

【本・音楽・アニメ・映画の最新記事】
posted by しかぽん at 00:28| 本・音楽・アニメ・映画